ヒーリング業界に手を貸すことを神さま方は嫌がっている。

昨日書かせてもらったAさんのお話ですが、まだまだ続きがあります。今日は、そういったヒーリングルームから買われた物品の悪い影響もありました。

 Aさんが、これを置くと幸せになるはずの物品をそこのヒーリングルームからご購入され、自分のお部屋におかれて、そして、その部屋にご家族が入られた数日後、そのご家族が大事故にあわれ、本当に大変な目に遭われたのです。その日から良いことがない、とのことでした。もしかしたら物品がいけないのかもと気づかれました。

物品を捨てる

お部屋の空気がおかしいということで、あのセラピストさんから買うように言われそのセラピストさんが作った3万円するブレスレット、そしてそこにおかれていた天然石類、また別のお店で購入された置物類、など、全部処分してもらいました。一旦倉庫においてもらっていたのですが、ちょっと空気は良くなったもののやっぱり捨てに行ったほうが良いと感じられすぐゴミ処分場に持っていかれました。そうするとまた一段と空気がガラリと変わったそうです。またカーテンを開けて太陽の光を部屋の中に入れてもらいました。

神さま同士が喧嘩をされている。

そしてその夜、部屋の卓上蛍光灯が急に電気が切れ、そして、床から煙がモクモクっと立ち上がったそうです。そして、ベッドの上にはガネーシャがドーンと座っており、そして、龍神様、アマテラスさまが端に寄っていたそうです。Aさんは、なんでこれだけの神さまがここにいらっしゃるのだろうとおもったら、そのヒーリングルームに祀られている神さまが一同出てきこられているとすぐ察知されたようです。そして、龍神も最初黒色になっていたようですがAさんがどこからともなく「そのかたを光の存在になるようにお祈りしなさい」と聞こえ、イメージの中で光を送ってあげられたら、龍神様は元の姿に戻って落ち着かれたとのことでした。そして、「ガネーシャがどうしてあそこの位置にいるのか不満だ」と龍神様は話され、またアマテラスさまは、ガネーシャからなるべく距離を取りたがりビクビクされておられたとのことでした。龍神様は自分に手を合わせてくれないと嫌だと強く思っておられて、礼儀作法はちゃんとして欲しい、ということでした。まだ日光の当たる場所において欲しい、など、でも、これはどの神様もそうだと思うのですが、その祀る(置く)位置も変えてほしくないと、強くどの神様も訴えられていたそうです。いつも場所を移動されたら、落ち着かない、とのことでした。

特に気質の荒い龍神様とガネーシャは合わないようで、「なぜ自分はこんな扱いを受けるんだ、神さまを何だと思っているんだ!色々なものをなんで置いているんだ!」とかなりご立腹だったと、Aさんが お話されました。

そして、苦しい状態になり呼吸もできない状態が続いたのだけれど、神さまのメッセージを受け取るごとにAさんのお身体が安定されたそうなのです。伝え終わられると、身体が随分と楽になられたとのことでした。

この情報を裕美に伝えてほしい。そして、またこの情報を伝えてもらってくれ。

私にすぐに伝えて欲しい、とのことでした。「どれだけ人間のエゴで神さまをむしり取っているのか。私たちを何だと思っているんだ!」と神さまがお怒りとのこと。わけのわからないヒーラーが知ったかぶりをして神さまのエネルギーをむしり取って、自由に使い、そして、毎日自分たちに手を合わせるわけでもなく、ヒーリングに自分たちのエネルギーを使いまくる。神さまのエネルギーがそのもぎ取られる形のようで、その使われ方が良い使われ方をしているなら良いのだけれど、ヒーラーの間違った使い方で悪い使われ方をしているのが、今全国で起こっている。そういう使われ方をしているのがとても悲しいし、本来は良い使い方をするものだ。黒魔術的なものに使われてこれはどうかと思う。沢山のものがそういう使い方をすると神自体の力も弱まってくる、とのことでした。ヒーリング分野とは距離をおきたいと、神さまが仰っているようです。

ちょっと恐る恐る聞いてみた

ひろみ

私も神さまのお力お借りしているのですけど(ぼそっ)

 

Aさんがこの様に伝えてくださいました。「ひろみさんは大変優秀だそうです。私たち神々も信頼しているし、任せていられる。毎日1度 手を合わせてくれ。」とのことでした。

ひろみ

ほっ。よかった・・・。(安堵)

私は大体、日本神道だけなのです。(あと、お不動さんにもお力をお借りしたことがありますが。)というか神社が好きで、神社にお礼とお願いを毎月1~2回、出雲大社には年に3度お参りするようにしている程度。後はクライアントさんのお話を聞かせてもらって、そして、そこで自分のできることを させてもらっているだけなんですよ。このほうが優秀だなんて。・・よかった。

Aさんの感じられたこと

Aさんがお部屋にネガティブなものを置くことだけが悪いことだと思っていたのですが、神さま同士の場所の取り合い、勢力争いというのがお部屋の波動を乱すこともあるということを知りました、とお話されていたのが印象的でした。そして、そのヒーリングルームの神様が怒っているのが、私たちお客さんに体・精神面の不安定という影響として出てくることには驚きました。こうやって自分のお家にも連れて帰ってくるのですね。驚いています、とのことでした。そうですよね。そのヒーラーさんがどの神さまを崇拝し、そして、それに手を合わせているかどうか、神さまを大切にされているかどうか、大切ですね。これがお客様にも影響をするのですね。私もはじめて知りました。

私の感じたこと

こういったどこかのヒーリングルームや力のある方からご購入された部品による被害、ものすごくあります。数多くのケースを見てきました。私は約2年間、あるお家がご不幸が続き、霊的な現象も起こるということで つきっきりで浄化をさせてもらったことがあるのですが、一度うちに来てくれということで、お宅を訪問させてもらったことがありました。そうすると、霊能者さんから買った御札が沢山、そして神棚が4つくらい、お仏壇が3つくらい、お地蔵様がお庭に3体くらい。これだけで波動が乱れていたのを思い出します。念を抜き、そして、お家がだんだんと落ち着かれたのを思い出します。お庭にあるお地蔵さんは、霊能者さんから買うように言われそして、「自分と思って拝みなさい」とのことでした。それでも一向に良くならず、ですよ。

もし粗末に扱うようだったら、最初から置かないほうが良いのかなと思いました。龍神様、ガネーシャ様は、特に毎日手を合わせ、お祈りすることが大切となってくるでしょう。そしてガネーシャ様は一生だと思います。またガネーシャ様については別の機会に書かせていただきます。

 またこのお話の中で、アマテラス様が隅に寄ってビクビクされていた、とのことでしたが、なるほどなと思いました。日本の神さまは、しゃしゃり出ることをされません。謙虚だと思います。日本人の気質そのものですので、神さまの中に入られた時は、自己主張はそこまでされないだろうなと感じていました。と思っていたら、そのとおりでした。

とは言っても守ってもらいたい。ではどのようにしたら良いのでしょうか?

人の沢山参拝されている神社、もしくは、好きな神社に 気がついた時に行かれるといいと思います。1ヶ月~2ヶ月に1度、決まったところに参拝されるのがいいと思います。そして、そちらでお守りを購入されると、また良いと思います。何度も足を運んでいると、神さまとの信頼関係もすっと近くなる、そんな感覚がしています。

 

 

そう言えば、先日出雲大社で引いたおみくじの内容で、こう書かれていました。

神の御力にすがり信心堅固の人は、天地の神の御守護に平安たるべし。 

 

コメントを残す