神様仏様のこと、霊感ある 僧侶の方に聞いてみました。~ 神さまに嫌われる人

先日、ある北海道の僧侶さんとネットでお話をする機会があって、色々と話を聞いてみました。私も、自分が今までヒーラーをやってきて、神さまについてこういったものではないかなぁ、と感じてきたものを この僧侶さんと話すことで、確認してみました。

この僧侶さんは、霊感もあり、本当にいろいろご存知の方です。何を聞いても答えてくださる。そしてしっかりお勉強をされているのがひしひしと伝わってきます。お寺さんって、本当にプロですね、すごいですね。一度、「お祓いしましょう」と言ってくださりなんか素敵な真言を唱えてくださったのですが、その次の日の夢で 事態が好転するような夢を見て 実際 現実面、好転したのでした。・・すごい。

この僧侶さん、実は 配信されていて、ニコ生の配信者さん。いつも素敵なお話 されています。

そして、神さま仏様について、この僧侶さんに聞いてみました。そして、やっぱりと私と感じていることと 一致しました。少し、書いてみたいと思います。

神さま仏様はバチを当てますか?

一応理論上では、神さま仏様はバチを与えないとされているけれど、あれは綺麗事で、本当は あります。あなたの行いは悪いですよ、というときには、自分に災いごとを出したり、または自分の知人や家族に災いごとを出したりして、お知らせします。

そうですよね。私もそう感じていました。神さま、厳しいです。そして、神さまは、常日頃、言動をちゃんと見ていらっしゃいます。どうも自分の守護霊と神さまは繋がっていて、そこのやり取りもあるようですね。そして、本当にとんでもない人って社会の中にもいらっしゃると思うのですけど、あれは、こちらが何もしなくとも、その方のガイドや神仏がその方にちゃんとついていますから、そこが罰します。だから、何か不快なことをされてもやりかえしをしなくてもいい、自然とその方は 罰せられます。光と闇って 本当に紙一重ですよね。

キリストが罰を与えるかどうか聞いてみたら、キリストはそういったことはしないだろうとのこと。これは、私もそう思います。

神様仏様に嫌われる人ってどんな人ですか?

①神様のことが嫌いな人。②神前に行ってお願いごとしかしない人。常日頃の感謝の言葉を何一つしなくて、お願い事ばかりする人。お礼参りをしない人は神さまはあまり心地よく感じられません。③願い事がたくさんある人は嫌われる。④これはこうなんだからと言う、頭が固い人は、嫌われはしないが、好かれはしない。柔軟で引き出しの多い人は、好まれる。⑤やたら思い悩み、どうにもならないことをあれこれ考えがちな人。それが癖になっている人。⑥今を大切に生きていない人

① 神さまが嫌いな人・・・・そういう方いらっしゃるのかなぁ。いらっしゃるのでしょうね。神様仏様ももとは人間ですから、それはそうですよね。自分のことが嫌いな人は、嫌い。神さまでさえそうなんだからなぁ・・と感じたのは 私だけでしょうか。

② 感謝されずに、お願いばかり・・・たしかに!便利屋さんになってしまいますよね。神さまは、感謝されることが とてもお好き!はい。そう思います。

③ あ、・・・そうなんだ・・・・(冷汗)神さま、重くなっちゃうのかな。確かに、きらきら星ヒーリングでも、1つ2つに絞ったほうが、効きが良くなる感覚は 確かに あるのです。

④ カッチカチの人、神さま 苦手なんだなぁ。

⑤ これは、ネガティブ思考の 人のことかな。ネガティブ波動になってしまうと、神さまも手出しできなくなってくるもんなぁ。

⑥今を大切に生きていないということは、未来をも大切に生きれない人、と思われるようで、神さまこういった方は、嫌われてようです。

ひろみ

それプラス 私の考える 神さまに嫌われる人

① 人を攻撃する人。八つ当たりも入ります。

② 自分のことは棚に上げて 愚痴・他人の悪口ばかり言っている人。

③ 保身のための 嘘をつく人。

人に八つ当たりしたり、人に暴言を吐いたり。どんなに神さまを崇拝しても、人を敵に回すような言動ばかりをしている人からは、神さまは、去ります。また愚痴悪口ばかりを言っていると、これも 神さま、去っていかれます。また、基本自分を守るための嘘をつく人は、神さまからの 信頼が薄れます。私の感覚ですが、神さまに嫌われると、さーっと引いていかれる、そのような感覚があります。

おみくじってどうなのですか?

おみくじは、「神さまからのお告げ・ご助言」となります。占いもよく似たようなものですが、占いとおみくじは違うとされています。僧侶の世界では、占い=あてにはならないもの、おみくじや吉凶判断は、お告げてきなもの、として位置づけられています。だから、おみくじに書かれていることは心にとめておいたほうがいいでしょう。ちょっと微妙なのですが、神社仏閣のものと占いの世界は 、 目に見えない境界線が あるのです。一応僧侶の世界では、占いはタブーだとされています。それでも、占いをやっている僧侶もいるので、それはそれで良いとは思います。でも一応タブーとされているのです。そして、おみくじに書いてあることは、今の貴方にとても 参考になることであることが多いです。ただし、 おみくじは あなたの今のすべてを書いてあるものではありません。一部、が書いてあり、参考にしましょうね、ということ。おみくじに書いていることは、あなたの人生を新聞にたとえるとしたら、おみくじは一部の記事に当たります。参考程度に、ということ。おみくじが、全く関係のないことが書いてあった、そういうことも、稀にありますけどね。(笑)

それが、私も タロットとかオラクルカードとか、綺麗で素敵で大好きで 時々買うんですよ。先日も何個かかったのですが、でも、これをヒーリングに使うことは、なぜか NG が出るのです。本当に不思議なんですけど。(^^;)夢でストレートに言われたりですね。何か意味があるのでしょうね。たしかに、私は、どんどん未来を変えていきなさい、と言われているので、未来を決めつけるような言動は、してはならない立場なのでしょうね(^^;)・・占いは占いで私、好きなんだけどなぁ。

祈りについて

もともと「祈り」、というのは、「意に乗る」「意を宣(の)る」と書かれたものが 祈る と 言われるようになりました。つまり、祈りとは、常日頃、自分の悩みを書いて、自分の苦しみを整理整頓してどうすべきか 考えて、そして、この悩みを解消するために自分がどうすべきかなすべきことを自分で整理して、神さまに その意を宣言 する、これが 祈りの元なのです。一念発起して、自分は こうするんだって、神社に行って宣言することが 祈りでした。自分も努力するから神さまお願いします・・・というところです。自分の人生の評価や反省をしながら、また 考えをまとめて そして宣言する。それが 神社仏閣での祈りの 元 でした。一人で人生で歩んでいくのか、または、こうやって神様仏様と二人三脚で人生を歩んでいくのか、後者の方は天下無敵な人生になるでしょう。そのためにも、神さまから嫌われないように常日頃から 美しい 振る舞いを しておかねばならないですね。

神さまは、努力する人を とても 好まれますね。そのためには、今の自分を省みて、前向きに精進しようとする人には、どんどんお力を貸してくださるそう。神さまに嫌われないようにしなくてはいけない。。。と私も 自分自身に喝をいれました。

今回、お話させてもらって、 自分の今までの体験と重ねながら聞かせていただきました。ほぼ、自分の感じていることと、同じでした。そして、新たに知ったことも。数多く願い事をすると嫌われる・・・・知らなかった・・・ドキッとしました。(^^;)毎日を大切にして、その日出来る目の前のことをしっかりしておき、神さまに嫌われないように 日々振る舞えば、きっと未来も 約束される、のでしょうかね。

私の神社参拝の 体験談

ちょっと今 思い出したのですが、はじめて神社に 行ったとき、3回目くらいまでだったかなぁ、何か困った時に神社に行っていたのですけど、おみくじに、「困ったときにだけ神に祈るのではなく、常日頃から神に祈りなさい。祈る習慣をつけなさい。」と こういった 内容の おみくじを 引き続けました。あまりに同じことがでてくるので恐ろしすぎて、そこから毎月神社に足を運ぶことにしてきました。そこで感じたのですが、何度も明日を運ぶことで、どんどんと神さまとのつながりが 深くなっている感覚が しています。何か困ったことがあれば、助けてくださるのです。神社で祈る習慣のなかったときは、ここまでのスムーズさはなかったのですが、参拝することを日常にすると、明らかに、お力になってくださっているのを 感じます。 それは また続ければ続けるほど、お力になってくださっている回数が増えていると言うか、なんというか、言葉に表しにくいのですけど、守りが深くなっている感覚が あります。

本当に感謝しか、沸き起こって来ないです。

そして、神社に参拝することを生活の中に入れ始めてから、不思議なことに、「祈りの習慣をつけないさい」というおみくじを全く引かなくなったのも、不思議だなと 感じています。やはり お告げ なのでしょうね。

 

 

コメントを残す