掲示板を作りました。よかったら、足跡、残していってくださいね。

ヒーリングの「チャネリング」では、亡くなった方とどのようにコンタクトとりますか?

ご質問ありがとうございます。

亡くなった方と会話をする方法には、うちでは2つのやり方があります。

①セラピーをつかって、自分自身で直接 亡くなった方と 話をする。

クリスタルヒーリングやインナーチャイルドヒーリングなどを使ってお客さまご自身が目を閉じて、亡くなった方に直接コンタクトをとる方法もあります。私のほうでは、お客さまになるべくエゴが働かない誘導文を読んでいったあと、その後、お客さまがコンタクトを取ってもらいます。お客さまとお亡くなりになられた方が、スムーズに会話ができるよう、お手伝いさせていただきます。

ちょっと夢を見る感覚に似ていると思います。私もチャネリングを使って同時に確認をしていますが、きちんとコンタクトとれています。ただ、想像をしているような感じがする・・・とおっしゃる方が多いのも事実です。本当はきちんと来てくださっているのですけどね。

②チャネリングで、亡くなった方と 話をする。

チャネリングは、私が、お亡くなりになられた方とお話させてもらいます。お客様の方で亡くなられた方へ伝えたいこと、聞いてほしいことがあれば、その都度私にお話ください。そして、それをお亡くなりになられた方にお伝えして、そして、お亡くなりになられた方のお返事を、お客さまにお伝えさせていただきます。

自分で受け取るときのメリットとデメリット

メリット
・直接会えるので、本当に「会えた・・・」という感覚を感じられる
・セラピストに聞かれてほしくないことを聞くことができる。
デメリット
・なんとなく自分の想像で作り上げた感じがする。
・自分が受け取るのでなんとなく疲れる感覚がある。

チャネリングでのメリットとデメリット

メリット
・亡くなった方とコンタクトをとることに慣れている者がするため、自分が受け取るよりも信じられる。
・比較的ラクでいられる。
デメリット
・直接会えた・・・という感覚がない。(ヒーラのほうが受け取るため)・自分で受け取らないため、時々???なメッセージもある。
以上がそれぞれのメリット・デメリットになります。

ひろみ

どちらが良いかは、なんとも言えないのですが、お客さまご自身が、こっちのほうがいいという感覚が一番大切で、それが今のお客さまにとって一番いい手法になります。
MEMO
また私がチャネリングをさせて貰う場合は、できればお写真があったほうが、より深くみれる場合が多いですので、ご持参いただけると助かります。よろしくお願いします。

コメントを残す