4月9日(火)10(水)日は臨時休業させていただきます。よろしくお願いします。

憑依体質を改善する方法

憑依体質の人と、そうではない人がいます。

そもそも憑依とは何なのか

憑依って、幽霊がとりつかれる、と思う方が多いと思います。テレビや漫画などでやっていますよね。

首つっている女性とか、落ち武者だったり、とてもおどろおどろしいです。

そういうふうに描いています。また実際、そういう風に見える方もいらっしゃいます。

ただ、別の見え方もあります。

こちらでヒーリングを行っているときにも、憑依をとっていっています。その中で、多くの方がみられる憑依が、石の形をしていたり、オタマジャクシの形をしていたりと、結構恐いものではなく、ああいった恐ろしい形で見えるのは 稀です。

それが、身体や思考、生活面に様々な支障を起こしてきます。

種類も様々で、亡くなっている人の霊魂、生きている人の霊魂(生霊)、動物霊、悪魔系、などなど、あります。

そして、ちょっと生霊のお話。恨まれたり恨んだりしていると、それが強い形となって、その人に生霊の形としてそこにくっつくというのはよく知られていますね。そして、こういうこともあります。

イライラしている職場だと、そのいらいらを自分がキャッチして、自分がいらいらします。つまり、人の感情をキャッチする・・これを別名エンパスと言ったりすることもありますが、感情って塊であるので、それが自分にくっついたり離れたりします。これも生きている人のもの、つまり広く言えば、生霊のうちのひとつなのですね。

ああいった生霊と呼ばれているものも塊、そういったネガティブな感情も塊、です、そして、良い感情ももちろん塊、癖のエネルギーも塊、全てエネルギーの塊なのですね。それがくっついたり離れたりしている、それだけなのですね。

あなたの感情も塊として存在します。

あなたの感情も、塊なのですよ。

ちょっと試してみましょう。

今、楽しいことがあったとしましょう。どんなことが楽しかったですか。

そのような時、どんな気分になりましたか?

そして、その楽しいって、身体のどこで感じますか?

頭?喉?むね?お腹?どこで感じていますか?そこに手を当ててみてください。

そう、そこにその感情が、塊としてくっついているのですね。

ないですか?

手を当てれているかたがほとんどだと思いますが、目には見えないですけど、ちゃんと存在しているのですね。

感情も塊のエネルギーなのです。

ただ、こういったネガティブなエネルギーはバカにならない

そもそも、エネルギーって エネルギーの塊ですね。私達、それを忘れちゃっていますね。

例えば「嬉しい・楽しい・感謝」、といった良い塊ならばとても良いのですが、悪霊や生霊のようなネガティブなエネルギーがくっついたり、人のネガティブな感情もエネルギーですので、これがくっつくと、生活面で様々な支障が出てきます。

最近、よくちまたで言われているのが、「友達は選びましょう。」って言われていますよね。自分の人生を謳歌している人であればあるほど、これを大切にされています。ネガティブな人、自分の足を引っ張る人は、自分の生活圏の中に入れないように徹底されています。それは、そういったエネルギーがつくと、自分に移ってしまうのを知っているからです。自分の足を引っ張るって、やはり妬みや嫉妬のエネルギーを沢山持っておられるから、接触することによってそれを自分の体の中に入れてしまうのですね。本当に足を引っ張られたり、ときに病気になったりですね。そのエネルギーの授受というのはご存じないとは思いますが、でも、実はエネルギー体で起こっていることなのですね。

強いものに憑依をされると、ろくなことがありません。

一旦くっついてすぐ離れるものならば、もちろん気にすることはないのですが、ずっとくっついて存在するものが身体や生活圏にずっと居続けるのは問題です。

経済面に出てきたり、健康に支障が出てきたり、災いごとが続いたり、となります。

憑依されやすい人はこんな人

とにかく、優しい方、ものをはっきりと言えない方、に多いです。本当にほとんど。我慢していまうタイプの方。共通していますね。いわゆる、いい人タイプの人です。

霊も見抜きます。優しいから、くっついてしまいます。どうぞどうぞ、と自分の体を提供してあげています。

そして、こういった方、職場や家庭でも人から言われやすい性質をされていると思います。怒鳴られたり、いじめを受けたり、ですね。

結論からですが、こういう方ですが、ちゃんとガイドがついていますので、そういったガイドからの「自分の中にそういった弱さがあるよ」と気づかせてくれている、とも言えるのです。そして、ちゃんとそこで、ものを言い返すこと、真実を伝えること、を学びとして与えられています。

生きている人間も先程書いたように、エネルギーなのですね。そういったネガティブなエネルギーを寄せ付けないためには、この、真実を伝えること、反論できる強さが必要なのですね人間に出来なければ、そういった目に見えないものも出来ないわけで。つまり、自分の身体が、誰でもどうぞとウェルカム状態になっているのですね。

伝えることを、どんどん意識していかれると良いと思います。

意識していると、だんだんとできるようになってきます。

ものをバンバン言う人って、誰も何も言えないでしょう。何か言わせないオーラを持っておられますよね。

それから、いたるところで見えちゃったりする人いますよね。霊能者さんとかこれをお役目としてそういった霊能力を与えられている方は別ですが、大体そういったものが見える人って、ネガティブエネルギーとリンクしやすく、自分の波動が下がっています。すぐ波動を上げるようにしましょう。

あと、お子さんも。感受性が高いですので、キャッチすることがあります。これは仕方がないですね。子どもは見えやすいです。ある程度おとなになってくると、そういった能力も落ち着いてくるでしょう。お子さんとても神経質になられますので(そりゃそうですよね)、しっかり保護者の方は、大丈夫だよ、ってサポートしてあげてくださいね。最初に書きましたが、単なるエネルギーの塊ですので、ね。大人も一緒に怖がらないようにしましょう。空間にはわんさかいます。

私がおすすめするベストな憑依体質改善方法

そして、ただ、馬鹿にできないのも事実なのです。いつも見えない方が見えてしまったり、お子さんが「憑いているよ」と言われた場合などは、軽視されないほうが良いかもしれません。

合図なのですね。

何度も書きますが、こわいものではありません、ただエネルギー。

でも、やっぱりエネルギー自体が暗いですので、その暗さが災いごとなどを引き寄せやすいのですね。

お近くの信頼できる霊能者さんに行かれるのも1つの方法です。

ただ、祓ってもらっても祓ってもらってもくっつく方が多くないですか?

結局、自分とその霊魂が、リンクしてしまうからなのです。いくら祓っても、沢山存在していますので、またくっつくといった現象が起こります。

私がおすすめするのが、ここで敢えて、インナーチャイルドヒーリング、前世療法なのです。

セラピーをすることによって、自分の波動を上げていきます。先程、「ものを言い返せない人に多い」と書きましたが、これは「ものを言えなくなった原因」があります。子どもの頃、親にモノを言い返すと怒られていた、とかね。だからいつの間にかそのまま受け入れる自分になってしまった、というのもよくある話です。そうすると、人間にも霊にも、散々な扱いを受ける、という結果に導きます。

様々な原因があると思いますが、そういった過去の傷ついた記憶にもう一度向き合い、そこを癒し、ブロックをとれば、自分自身のエネルギーも波動が上がり変わります、自分のエネルギーが変わると自分自身の思考や行動も変わってきます。そして、いつの間にか、霊を寄せ付けない身体に変化していきます。

繰り返し霊に憑依される方は、何かしら自分を変えないといけない合図なのですね。

このヒーリングによって、自分自身の憑依されない体質づくりをしていきます。

まとめ

いろいろと書かせてもらいましたが、悪霊と言われているものはすべてエネルギーです。

ですので、全くおそれるものではありませんが、軽視できないものでもあります。

特につよいおどろおどろしいものを家の中や家族の背後に見られた時には、要注意です。

すぐ対処することがおすすめです。

霊能者さんやお寺さんにに祓ってもらうのも1つの方法です。

ただ、私は、インナーチャイルドや前世療法で自分の波動を変えて、そして、そういったものとリンクしない体質づくりからされることをおすすめしたいと思います。