梅雨が開けましたね。夏を思う存分、楽しみましょう。

日本嫌いで過ごしていると、神様から門前払いを食らったというお話。

今から6年くらい前のことだっただろうと思う。

まだ私が出雲大社を参拝していなかったときのこと。あのときは、近くの神社を3ヶ月に1度くらいのペースで参拝していた時期だったと思います。まだ、神社もそこまで興味を持っていない頃でした。

ただ、そのときは夢を見る訓練をしていた時期でしたので、面白い夢だなって思って記録してました。

現実面で、ちょうど福島の原発の事故があって、当時の私は、原発の事故に意識がいき、色々と調べていました。すると、原発事故で行き着く先は、利権の問題であったり、マスコミの問題だったり、政治の問題にたどり着くんですよね。すると、日本の闇が見えてくるわけですよ・・・今まで知らなかったところの大人の世界の部分があからさまに見えてきて、日本国がものすごく嫌になっていた時期でもありました。

ちょうどその時ですが、夢でこんな夢を見たのです。

出雲大社行きの電車に私が乗り込んでいました。でも、その途中、電車がとまり、私が降ろされるのです。車掌さんに、「ヒーリングをしてもらいなさい」と言われて、夢の中で、あるヒーラーさんにヒーリングを受ける夢でした。目がさめて、「????」で、終わりました。

ま、その当時は、別に出雲大社に対してなーーーんの興味もなかったので、スルーしていたのですが、その後、私が明治天皇の玄孫の竹田恒泰さんの本に興味を持ち始めます。竹田恒泰さんは確か原発はあまり望ましくないといった考え方を持たれた方だったと思いますが、同じ考えを持っている方だなと思って、竹田さんの原発の本を読んでみると、これがわかりやすくて面白いことが書いてあって、これをきっかけに次から次へと竹田さんの本を読むようになりました。・・・すると、ま、竹田さんの本は、日本のいいところがたくさん書かれているんですよね。日本ってどれだけ素晴らしいか、といったことがこと見事に書かれています。その本を読んで、私の考えが180度変わりました。「日本にはまだまだ問題点はたくさんあるけれど、でも、これは日本の国が悪い、ということにはならないな」ってそう感じたのです。

その竹田さんの本の中で、「古事記を読まれる事をおすすめする」といったお話がかかれていたので、そこまでおっしゃるなら、と思って読んだら、これが面白かった。そんな感じでのらりくらり過ごしていると、私の手には負えない問題ごとがおこり、そして、朝起きると同時に急に思い立ったのが出雲大社に行くことでした。目が覚めるとすぐ車を出雲大社に向かって走らせることをしていました。グーグルマップをたよりに。

出雲大社のことなんて、とにかく興味がなかったのですよ。夢のこともすっかり忘れていました。それでも朝起きて、思いついたのが出雲大社だったという・・・。どうしてあのとき「出雲大社」だったのか今でも不思議です。

後になって気づいたのですが、あの時、あんな夢見ていたなって、思い出したのです。

あの夢にどういった意味が込められていたのだろうって、ちょっと分析してみたんですよね。

あの夢は、私に何かを教えてくれているのだろうと。

きっと日本嫌いになっていると、出雲の神様は嫌なんだろうなと感じました。ちょっと左翼的だったもんな、当時の私(笑)。なんに対しても疑いの目で、国を見ていました。そして、日本のことを好きになると、ちゃんと出雲大社に行く羽目になったという・・・・。なんか今思っても不思議なことです。

自国を愛し、・・というと、今度は右寄りって言われるんでしょうけど、ま、私は中立かな。真ん中でいることを心がけたいと思っているので。ただ、日本嫌いでいると、結構神様から門前払い食らうのかなって、ちょっとそう思える私の体験談でした。

あ、でも反日活動をされておられる方にも、それにはそれで意味あることなのかなと思いますので、その方を否定はしていません。

私の極度の日本嫌いが招いた出来事だったと思います。

コメントを残す