エッセイ

お家の中に災い事を入れない方法

こんにちは。今日はお天気の下関市です。セッションが進んでいると太陽が出てき始めました。

今日も気づきを色々といただきました。ありがたいです。しかし、本当に皆さん、よく夢をご覧になってくださっています。

さて、今日はあるクライアントさんがちょっと面白い夢を見てくださっていました。

雑木林のような工事中のようなところの中に私のアパートが建っていたらしい・・・

今日のクライアントさんのお正月に見てくださっていた夢ですが、私のアパートの部屋のベランダの向こうが、ずっともう雑木林で、荒れていて、また、工事中のようにもなっていたとのことでした。

また、そこには1匹ほどイタチか何か小動物がいたとのことでした。

そしてその中で私は、何も影響していなくて、そんなことにも気づかずに、普通に生活していたとか。裕美さん、場所変わったらいいのに。危険そうに見えた。とのことでした。

ちょっと分析してみました。

いやいや・・驚きました。当たっているのです・・今この辺り、工事だらけなのです。ズーーーっと雑音。今は上の階、大工事を12月からしているのですが、バンバン音がしています。まだ続いているのですよね。

また、夜眠っていると、急に首から何か入ってくることも数回あって、でも、その後、必ず風邪を引くという・・面白い現象があり、これは動物霊だなと思っていました。

ただ、最近は、危険なものが入ってくる時は、夜中、携帯の音が頭の中に鳴り響いたり、ドアホンの音が耳元でなったりで、入ってくる前必ず、目が覚めるので、危機を回避してくれる存在がいるなと思っていたばかりでした。3日くらい前に電話の音が3時ごろ突然聞こえた感じがして(実際に電話は鳴っていません)すくっと目を覚ましました。目が覚めたら、入ってこれなくなるのですよね。眠っている時を狙ってきます。

この辺りの場所、あまり良くないのでしょうね。私が、対面をしなくなったのも、これも私が察知しているからではないかとも思います。確かに、今世の中の空気、まだまだいい感じはしないからですね。

コロナも流行っていますしね。こう言った時こそ要注意でして。

そして、私があまり気にしていなかった・・普通に過ごしていた・・・。というのがですね。これきっと、大祓詞のおかげではないかなと思うのです。あと、精神を日本軸にするようにしています。おそらくこの強い軸が、何事も影響されないようになっているのだと思います。

周りの空気に影響しないように気をつけていること

昨年は、ちょっとした体調を壊す風邪は何度かありましたけど、うちは世間の様子とは違って、どちらかというとどんどん飛躍した感じがしています。どちらかというと幸せに過ごしました。

うちは何事も本当になくて、穏やかな1年だったと思います。

大祓詞のおかげ

おそらく、大祓詞のおかげだと思っています。この素晴らしいほどの言霊である祝詞は、しっかり魔からガードしてくれるし、魔は体力気力、運まで持って逃げるので、とにかく入らせてしまってはいけません。

この大祓詞というのが、守ってくれていると思うのです。

テレビの情報は入れないし、SNSの軽い情報もすぐ信じない

あと、日本軸・・ですよね。ま、私もそこまで日本の精神を大切にーと、頑張って何かを行動しているタイプではないのですが、今世の中、日本の精神とは逆にいくようなそして、不安を煽るような報道やSNSの情報をまず気をつけています。テレビを持っていないのでまず見れませんし、またスマホも、軽いSNSの情報にはまず疑ってみるようにしています。素直に受け取りません。これが審神者のさがかもしれませんけど、一瞬で信じない、というのが、結構そういった魔の影響を寄せ付けないのだろうと思います。とにかく自分にとって大切な情報もありますので、情報を意識はしています。ただ、世の中の情報をすぐ自分の中に落とし込まず、吟味してそして、自分で調べていれるようにしています。ニュースの情報なんか嘘も普通にありますしね。

今はまだ、中に入りやすくしない方がいい

おそらくですね、今私が感じていることは、とにかく、周りの空気はまだ悪いということです。決して、明るい空気ではなく、まだ魔が騒いでいる時期だと思います。

きっとこの私の夢を見てくださった方の夢ですが、この周りのことだけではない感じがして、全体的に今日本はこうなっているという夢ではないかと思いました。ちょと他の方の情報では、下関のある場所にメデューサが騒いでいる、といった夢をご覧になっています。メデューサが騒いでいるというのは、そこの場所、不倫が流行っているのではないかと推察しています。

不倫をしている人に結構メデューサがついていること、よくありました。メデューサは気の強い女性ですから、実際にそれがついている女性は、本当に気が強くなって、人を呪ったり祟ったり・・・物事を斜めから見がちになったりで。せっかくいい魂を持っているのに、そう言ったものと縁ができてしまって、自分の婚期も逃してしまっているという・・・。結局結ばれることなく。その人とはダメになりましたが、また別の人と不倫をされています。(結局インナーチャイルドヒーリングがこの方は必要でした。でも、実際のところヒーリングはされていません。こういった方は不倫を繰り返しますよね。)

こう言ったものが騒いでいるという状態は、やはり人間にとってもマイナスです。

だいたいこう言ったものが騒いでいるというのは、人間が道を外れるから、こういったものが騒ぐのですよね。

コロナというのも、私たち人間がこうなってしまっているから、流行る訳であって。

自分を含めですが、私たちもう一度反省しないといけないのでは、と思います。

祝詞をずっとがんばられている方のお話

祝詞をずっと頑張って継続されている方がいらっしゃいます。

その方の最初の頃は、家の中に隣のエネルギー、会社のエネルギーなどなど、全部お家の中に入れられている夢ばかり見られていました。実際に現状トラブルが続いてですね。

私も夢で見たことがあるのですが、壁が破けて、障子が破けて・・・という感じでした。他から入られるのです。すると家の中、自分のメンタルがそれによってボロボロになっている、のですよね。

つまり他人のエネルギーで自分のエネルギーを壊しているといった感じです。

そして、ご本人が毎日祝詞を上げられました。あと、きらきら星ヒーリングをしてくださっているので、きらきら星ヒーリングの夢を使った浄化もあったことと思います。夢も大分ご覧になられています。最初、穴だらけの家だったのが、徐々に壁ができ始めて。

今では強固な何も入れない家になりました。

本当にまだこう言ったヒーリングのことを知らない時には、葬儀がご近所にあれば、そのまま伝染したことがあったそうです。よく1件葬儀があると、そのお隣さんもお葬儀・・・みたいなことありません?あれ、入られているのですよね。そう言ったものが起こってはいけないので、毎日大祓詞を奏上した方がいいのですよね。

ちょっと余談ですが、きらきら星ヒーリングで、カレーが壁一面にくっついていた場面も私が夢で見ています。つまり、カレーは香辛料ですね。魔を寄せ付けない、というのもあると思いました。コロナも一応カレー粉がいいといった話もありましたしね。

ずっとカレーを壁につけているのも良くはないと思うのですが、今は、いいのでしょうね。

私もきらきら星ヒーリングのメインは大祓詞ですから、色々とやはりいいのだろうと思います。

今、神様が人間に望まれていること

先日、セラピーの中で、お一人とても上手に降ろされる方がいらっしゃったので、ちょっとちょうど住吉さんが出てこられたので、聞いてみました。

今神様が人間に望まれていることはなんですか?

と問うと。

「人間一人ひとりが罪を償え。洗い流せ」というお言葉でした。

おそらく、これはちゃんとした神様のお言葉だと思います。

「悪いところは反省をして、そして、気分あらたにして頑張ってその悪いことを再度しないように」
というふうに私は受け止めました。

まとめ

色々と書いてすみません。だいたい分かりましたか?周りの状態・オーラの状況は今はあまり良くないですので、とにかく、影響をされないためには、中に入れないことが大切だと思います。

そのためには、大祓詞を唱えること。本当は声に出すことがいいとのことです。それは、脳がちゃんと聞くことになるからだそうです。でも、なかなか言えないこともありますよね。その時は、聞くだけでもいいと思います。

祝詞から離れないという力強い精神が大切なのかなと思います。

ということで、今日はこのくらいにしておきましょう。

なんかつらつらと書いてしまいましたが。

今年は、しっかり情報発信していけるよう頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

いつもブログにお越しくださりありがとうございます。