秋が始まりました。過ごしやすい季節です。今日も張りきっていきましょう。

自分の心の声を一番聴いてほしいのは、自分自身

自分の魂は、自分の心の声を直接聴いてほしい、と思っています。

自分の心の声を直に聴くセラピー【インナーチャイルドヒーリング・前世療法】。

瞑想状態になり、今の自分の魂と自分自身が、直接 対面します。

「小さい頃ね、こういったことに傷ついたんだよ。」

「私が一番楽しかったのはこれだったんだ」

「これが自分は欲しかったんだ」

「前世ね、こういった思いをしたんだよ」

             などなど。話してくるでしょう。

セラピーの中では、そういった魂のおしゃべりを、貴方自身が直接受け取り、そして、共感をしていきます。

自分で直接自分の心の声を聴くので、だから自分の心に自分自身が理解し共感できるのです。うわさ話を聴くよりも直接本人から聞くほうが信憑性が高いですよね。それと同じことが起こるのです。

誰が一番の喜ぶと思いますか?

あなた自身ですね。

一番自分のことををわかってもらいたいのは、あなた自身です。

セッション中は、自分の心の声、溜め込んでいたもの、魂の声が溢れんばかりに出てきます。

ひとつひとつ耳を傾けてあげると、あなたの心が、魂が、安心してきます。沢山の悩みがあると誰かに聞いてもらうと安心しますよね。それと一緒。

でも、その声を聞くのは、あなた自身なのです。一番に聞いて欲しい人に聞いてもらえると、何よりも心が喜びます。心が少しずつ安心してくるのがわかるでしょう。

心が安心すると、やっと人の声が頭の中に入ってくるようになります。

「今まで、裕美さんのアドバイスが入ってこなかったけれど、やっと分かりました。理解できるようになりました。」

セラピーを受けた人が共通して私におっしゃる言葉です。

人って、まずはみんな、自分の声を自分に聞いてもらいたがっているのですね。

そして、「自分の心の声を聞く」ということが体感で分かってくると、安らかになった魂が、

「この食べ物、今、必要だよ」とか、

「あそこに行っちゃ駄目だよ」

「自分はこういったことが好きなんだ」とか、自分にとって必要な情報を教えてくれるようになります。

自分と自分の繋がりをしっかりしてくれる、このインナーチャイルドヒーリング、前世療法の素晴らしいところだと思っています。

「自分の心の声がわからない」ってよく聞きますが、このインナーチャイルドヒーリング、前世療法をすると、「自分の心の声」がどういうことなのか、分かってくると思います。

コメントを残す