寒くなりましたね。体調管理など気をつけましょう。

私が座談会をしない理由①

こちらのヒーリングルームでは、今まで一度も座談会のような集まりをしたことがありません。また、グループでの講座受講も現在まで、やったことがありません。グループでの集まりは良いこともあります。仲間が出来たり、いろいろな質問や話が飛び交うので個人で受講するよりも勉強になることでしょう。

また、グループでやるほうが、私も楽です。毎度毎度同じテキストを読まなくても、一度で数人にできるので、時間も割愛でき、そのほうが効率もいいだろうと思います。

ただ、私はそのようなグループの活動をやってきませんでした。それには理由があります。精神世界関係のグループワークはいい事も多いですが、それ以上のリスクがあるからなのです。

ありがたいことに座談会のお願いが多数あった中で

ありがたいことに、「集まりをしてほしい」といったお声、今まで沢山頂戴しました。それこそ、「もうこの世界も長いし、やってみようかな」と思うこともありました。ちょうど昨年の12月末だったか、今年の1月前半だったか忘れましたが、そのようなお話もいただき準備していたこともあります。ただ、それもそのまま、私が入院となってしまって、水に流れたことがありました。でも、これも考えるいいきっかけだったと今では思います。

スピリチュアル座談会はほぼトラブルが起きる

先に結論から。私はおそらく、座談会はしないだろうと思います。(いずれ変わることもあるかもしれませんが。)本当にこんな私のような者にお話をいただきありがとうございます。

やっぱりこういったスピリチュアルな集まりって、最近本当に増えていますね。私も今まで、数多くの座談会、集団講義、セミナーを受けてきました。またグループに誘われての個人的なお付き合いをしていたこともあります。ただ、例外なく、どこも人間関係のトラブルが、必ずといっていいほどありました。100%です。最後の方では、私トラブルが起こるのわかっていましたから、輪に入らず外で見ていたら、やっぱり、人間関係のトラブルが起きていました。

当時は、なぜこのようなスピリチュアルな会というのは、トラブルがつきものなのだろうかと不思議でしたが、今となってはそれは当たり前のことだなと気づきました。

どうしてそういったトラブルは起こるのか

トラブルの起こる理由は3つあると思っています。

トラブルの起こる理由

① みんなが浄化中であり、そこで化学反応が起こり爆発するから。

② 個人的なプライバシーの部分にいやおうなく、足をお互い踏み込むことになるから。

③ ネガティブなエネルギーが活発になりやすい

まず①から解説したいと思います。

①  みんなが浄化中であり、そこで化学反応が起こり爆発するから。

みなさんがスピリチュアルに興味を持たれるようになったときってどんなときでしょうか。幸せな安定した時?いえいえ。何か心に不安があり、なんとかそこから抜け出したいなぁ、と思われているときだと思います。

スピリチュアルな世界に入ると、魂が目覚め、今までの不要物をオーラから取り除く現象・・つまり、浄化が始まります。みなさん、浄化を経験されたことがあると思いますが、結構しんどいですよね。気分のアップダウンも感じられる方もおられるかもしれませんね。一時的に、心もオーラも不安定な状態になっています。この時期って、心も体も繊細になっています。

それがみなさん、一人ひとりにおこっているのですね。それが集まったとしましょう。どうなると思いますか?他人の言った一言一言に心が反応をします。みんな一人ひとりがデリケートになっているので、何気ない一言に怒ったり、悲しんだり、傷ついたり・・・・と起きてしまうのですね。それがそれぞれ起きたらどうでしょう。感情が止まらなくなったらどうでしょう、そこで爆発が起こり、そして、トラブルになるのです。

そもそも、心を癒やすために行った座談会なのに、「傷ついた嫌な思い出になった」、ということになり本末転倒。せっかくいい機会がパーになるということ、よく起こっています。

②  個人的なプライバシーの部分にいやおうなく、足をお互い踏み込むことになるから。

不思議なんですけど、こういったスピリチュアルの座談会というのは、個人のプライベートな部分も知るようになる事が多いです。心の部分をさらけ出す、自分の環境を伝える場面がよくでてくるのですね。仲良くなっていけば、それをどんどんと開放するようになり、歯止めが効かなくなります。気づいたら、近づきすぎていた・・・ということがよくあります。

普通お付き合いというのは、ある程度距離がないと うまく行かないものです。

心の部分で一旦心を開くと、その境界線がわからなくなってきます。そして、抱えきれなくなり、絶縁と言ったケースがよくあります。かなりのエネルギー使いますよね。

また、人数が小規模の座談会では、「お友達にならないといけない」とやはり思いますよね。そして、合わないのに無理やりお友達になって・・・・といったこともあります。合わないものは合いませんので、やはりトラブルになります。ある座談会を企画した先生は、「無理して友達にならなくてもいいのよ」とおっしゃっていましたが、でも数人の座談会で、「友達を作らないオーラ」を作るのは、逆に目立つので、それは、普通の方ならばできないと思います。

③ ネガティブなエネルギーが活発になりやすい

多くの方が気づいていないかもしれませんが、大抵こういったスピリチュアルの場では、ネガティブなエネルギーがうずまきます。こういったお話が好きな方には、ネガティブなエネルギーがついていることが多いのです。ネガティブなエネルギーというのは、世間一般で言われている、「憑依」なのですが、地に足のついていない方は大抵ついています。

そういったネガティブなエネルギーの特徴の一つに、「人間関係のトラブルを起こして楽しむ」というのがあります。それに喜びを感じるネガティブなエネルギーが普通にいます。こういった集まりで数人が集まると、そのエネルギーが活発に動きはじめます。そして、そこに「人間関係のトラブル」を起こすのですね。

そこに一人重鎮となる方がおられたら、その暴れも止めることもできるかもしれませんが、大抵の方は難しいのではないでしょうか。

そもそもこういった集まりで人間関係のトラブルが起きることは 当たり前のことなのだろうなと気づいた

人間関係がうまくいかない人の悩みをとても多く聞いてきました。私もやはり人間関係悩んできたし、自分のコミュニケーションの下手さも一つのコンプレックスでした。

結局人間関係のトラブルって、人との距離感のとり方が上手にできないからだと思うのですね。近づきすぎると関係は壊れます。「親しき間にも礼儀あり」これができないと、人間関係の継続は、難しいでしょう。そして、きちんと「NO!」を言える人。「できることはできる、出来ないことはできない」、と罪悪感持つことなく、はじめに上手に言える人は、あまり人間関係のトラブルにもなりません。・・(でもNO!と言われて凹む人はいますね。)これができる女性ってどのくらいいるのだろうかと思うんですよね。

こういった人間関係を器用にこなせる方って、殆どいらっしゃらないのではないかと思うのです。でないと、悩みませんよね。そして、コミュニケーションを求められるように感じる場面にも出くわし、また、余計にそれぞれのプライベートな部分にお互い入らざるを得ないような場ですので、浄化中の自分の感情も刺激されることになり、結局爆発が起こる。またそこにもそれを楽しんでいるネガティブなエネルギーもいるので、ますます争いは加速する・・自然なことだと思うんですよね。

 そもそも、最初から こういった座談会なんて無理ゲーじゃないかと思うんですよ。ちゃんとできているグループもあるかと思いますがそれは稀で、殆どの場合、難しいのではないかと思います。

出来るとすれば、これは主催者側のかなりの重鎮力と配慮がいると思うのですね。・・これ今の私にできるだろうかと思うんですよね。

こう言ったトラブルが起きるのは、皆さんのせいじゃないと思うのです。そもそも トラブルが起こって当たり前だと感じています。

次回は、ヒーラーのわたしが座談会してもあまりよくならないのではないかなぁというお話をさせていただきますね。

コメントを残す