秋が始まりました。過ごしやすい季節です。今日も張りきっていきましょう。

人に優しいヒーリング、それがセラピー

私がこのセラピーが好きなのが、自分の中で「悪い人」を作らないこと。私は、それがすごく気に入っています。

セラピーの好きなところ
人を悪く思わないヒーリング。そして、癒やしたあとには、関係の改善に期待ができること。

例えば、自分の批判をしてくる人がいるとしましょう。

普通だったら、「なぜ私のこと、そんなに悪く言うんだろう。本当に最悪。」とその悪口を言って来た人を、悪く言いますよね。冷たい目で見てしまうようになりますよね。それが積もり積もると、お互い責め合い憎しみ合う関係になりがちですよね。

でも、セラピーでは、「この目の前の人は、私に何を教えてくれているのだろう。」と捉えてやっていくのですね。

その人の言動を「合図」と受け取るのです。そして、その原因をセラピーで探っていくのです。

相手は何かを教えてくれる人

相手は何かを教えてくれる人

先程の例を取り上げてみましょう。

相手は、あなたにたくさん悪口を言ってきたとしましょう。当然、嫌な気分になりますよね。そしてセラピーで掘り下げると、その人は、あなた自身が怒りをたくさん持っていることを教えてくれる存在なのかもしれません。あるいは、あなた自身がもしかしたらそういった強いエネルギーに対して「強くならないといけないですよ。」と教えてくれる存在であるかもしれません。そういった自分自身に何かを教えてくれる存在であるということ。

 

こういう見方ができると、誰も傷つけることがないですよね。

そして、セラピーを実際にやってみると、その中で、実際に感情があれこれと出てくるのです。「怒り」だったり「孤独感」だったり、「悲しみ」だったり。

自分の中からいろいろな感情がでてくるので、それを取り除き癒やしていきます。

するとどうでしょう・・・・。

 

期待できることは、自分自身を癒やすと、まず、そこまでの感情の揺さぶりがなくなってくることが考えられます。そして、その「合図」も来なくなるでしょう。「怒りを持っていますよ」と教えてくれる存在であれば、怒りを癒すと、その教えてくれることも現実面なくなってくるのですね。つまり、その人との関係が改善したり、あるいは、自然と縁が切れたりすることがあります。

 

ここでお気づきでしょうか・・。そう、相手の行動も変わっているのです。お相手にとっても良いヒーリングが起きているのです。相手に貢献していることになるのですよね。

 

相手に恨みの念を送り続けるのではなく、相手をも癒やしてあげているという・・・。

 

なんて、人にとっても、自分にとっても良いヒーリングなのでしょう!

WinーWinのヒーリングになのですね。

ヒーリングしないといけないの?

そのまま、何もヒーリングなどせず、ずっとその人との関係で頑張り続けるのもありだと思います。人生は、何事も勉強です。それを乗り越えることも、1つの学びかもしれませんね。でも、やっぱりその間、その人に不満を持ち続けるということですから、顔がいつの間にかしかめっ面に出来上がってしまっていたり、いつも不満ばかりを発言したりと、自分の人生の波動そのものを落としてしまっている可能性も。

私は、誰も恨むことのない、このインナーチャイルドヒーリングと前世療法が好きです。誰かのせいにして生きていくこと、もう疲れてませんか?

コメントを残す