✏️日記

我欲が製品のエネルギーの質を変えてしまう?!

川村 裕美

こんにちは。いつもブログにお越しくださり、ありがとうございます。

昨日の「巫女さん誕生」のブログですが、結構反響がありました。ありがとうございます。

ある方からご質問いただ来ました。

いただいたご質問

そして、みんなで手分けして夢を見ているというのもあるのでしょうか。

また、夢でお知らせしてくれるということは、知って役立ててほしいということなのでしょうか。

はい。おそらくそうだと思います。夢を見るって体力いりますし。一人では到底無理ですしね。手分けがあると、本当に楽ですし。で、結構、皆さんのものが重なっていると、これメッセージだぁって感じること多くありました。だから信憑性がありますよね。

今までそれを私の手元に持ったままにしておいたのですが、すると、他の方からそれに関する質問がくるのですね。ということは、これ公表した方が早いのではないか・・と最近思ってきてですね。つまり伝えなさい、ということなのかと。

そして皆さんが同じタイミングで同じような内容の夢を送ってこられたものは、もう、これは検討しなければですね。強い天界からのメッセージだろうということでしょうから、はやり無下には扱えないですよね。

私の分析も間違っていることもあるかもしれませんので、ちょっとそこはご容赦いただいて。もし違うのではと思われたら、それはそれで皆さんには違っていることかもしれませんから、個人で判断していただけると。

まだまだ分析下手なところもありまして、ご迷惑おかけすることもあるかもしれませんけど。ま、頭の片隅にでもおいてくださっていたら。・・その程度で全然OKです😅

皆様にとって何かのお役に立つことがあればぜひ。

私には、「受けた情報を、まとめて、そして主張しなさい」と合図がくるのですよね😅

あるクライアントさんから夢のご報告をいただいていたのですが、ずっと分からず、保留にしておいたものがありました。そして、今日先ほど瞑想状態になっているときに、他のクライアントさんのセッション体験が浮かんできたりして、ようやくその保留していたものが、わかりました。ということで、早速アップします。

ずっと保留にしておいたクライアントさんの夢

白い感じの世界。髪の毛が短い女性が、しゃべり方もとても商売上手でした。奇跡商法している感じ。手作りの何かを売りつけようとしています。何個か商品を紹介されていて、ヤバー😨と感じていたらその女性を真似た女性がたくさんやって来ました。髪型、服装を真似て、手に持っている物は同じ物を自分達で真似て作った物。刺繍の敷物にツボ?だった気がします。
その中の1人の女性は髪型が違っていて商品を紹介してくるのですが、本人が悪徳商法みたいと感じていながら、商品自体は上手に出来ているでしょう。と見せてくれた。15センチ位の正方形でベースは白くて、金色で葉っぱを淵どった柄と、薄ピンクの豚?を刺繍した敷物と、壺だったか、和風の花瓶だったか、記憶が曖昧ですが。

この内容、確かにもやっとはするのですが、どこが悪いのかなぁ、とずっと自分の中で答えが出てきませんでした。商品自体はとてもいいですよね。よくこういう商売、世間には数多くありますよね。奇跡商法というか、ま、健康のものもそうだし。そういえばアロマもあったなぁ。

この分析、ずっと私、答えが出ずにいました。だって世の中、存在しているし。法にはギリギリに引っかかっていない部分だし。

ただ、これは神様から問題提起で降りてきているのは確かなのです。で、思い出すと、この手の夢、2人くらい別の方が見られていました。何かこの分野、強く警告が来ているように感じていました。

この夢の分析

もう、これはそのままの夢ですね。カリスマ的な人が商売をしていて、そしてそれに憧れる人たちが同じものを作って売る。悪くなさそうなのですが。そしてここの夢のはずせないポイントは、髪型から服装を真似ているというところ・・・これは”洗脳されている。自分の考えがなくなっている”ということを意味しています。

そして、今度は髪型が違う女性のところ。この方の部分も、ま、夢のそのままですが、洗脳はされてなさそうで、自分の考えも軸もしっかりしている人物のよう。でもポイントが悪いことをしていると知りながらというところ。でも商品自体はとても魅力的なものだということ。商品が良くてそして、買い手もそれが欲しいならば問題ないように思われますよね。

さ、このどこが悪いのでしょうか・・・、って思われる方多くないですか?

だって、大体どの商売も、売るためにあるわけですし。店頭に並んでいるものもそうですよね。どこの企業さんもいい製品を作って売りたいわけですよね。当然ノルマ、というのも各会社会社あると思うのですよね。

さ、このどこが悪いのでしょうか。

あるハーブティーの事例を思い出した

そして、一つほど以前のまた別のクライアントさんの事例を思い出してしまって。

そのクライアントさんは、ちょっと子宮系が弱いと思われて、あるセラピストさんに勧められて、ずっといいと言われていたハーブティーを飲まれていたのですね。

そして、うちのセッションを受けられている最中、子宮がちくちくとされるということで不思議がられていました。

すると、そのお知らせが夢で来てですね・・そのハーブティーを作っていたポットがボーンと爆発する夢を見られたそうなのです。「子宮にいいハーブティー」ということで、皆さんがそれを個人個人で売られている、というものだったようでして。子宮に影響はあったようなのですが、爆発・・・ということは、やはりあまりいいものには思えませんね。

でも、普通のハーブティーは多分問題ないのですよ。奇跡を提唱して「うればそれだけ個人の利益になる団体で売っているというところ」なのだろうと思いました。

欲の想念が製品全体のエネルギーを変えてしまう

そう、これは「想念の力」なのですね。売ることが皆さんのそれぞれの収入につながります。ですから、「自分もそれを売りたい。そして、リーダーのように私もなりたい」と思って、力が入りますよね。商品をどれだけ広めたいか、というよりも「売ることによって、自分の利益を考える」人の方がほとんどではないでしょうか。一生懸命になるのは当然のことだと思います。そして、その団体がみんなそれを思っていたらどうなると思います?せっかくいい商品も、その「想念」がその商品の中に入り込み、当初の製品とは全く違う波動の持つ製品に変わっていることがある・・ということなのですね。

その真のしっかりした女性はどこに「待った!」がかかっているかというと、「悪徳商法と知りながら・・」というところなのですね。ということは、悪い手法を使っているということですから、知りながら・・というのは、この方、アウトなんですよね。まだ知らずにしているならばいいのですが、悪徳商法と知って売っているのは、もうこれ、ブッブー❌アウト!なのですね。どんな手法を使ってでも売りたい・・ということになるから。製品にそのままが乗ってしまいます。

企業も売りたい願望はあるでしょうけど、おそらく企業ですので、そこまで個人的な利益になりませんよね。売っても売らなくても、一定のお給料として報酬をいただけますし、ノルマ制だとしてもバランスとれたものでしょうからね。個人で、となると、それは力入りますよね。

ハーブティーのように、最初はよかったであろうものが、途中でエネルギーが変わること、があるのですね。

すると、その製品を購入した方に、いい影響が出ないのは当然でして。そうなってくるとそれは、人の生活を穢してしまった、という罪が加算されてしまうのですね。

ひとこと

奇跡商法の難しいところは、そのその欲の方が勝ってしまうと、その物が変化してしまうこと。

数人くらいならば、問題ないようにも思いますが、その人数が増えれば増えるほど、製品のエネルギーがガラッと変わると思います。

奇跡商法となると特に、いいエネルギーにつながることもあると思いますが、と、同時に魔のエネルギーとつながりやすくなるように思います。

想念って、本当に不思議なものですね。

いつもブログにお越しくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ひろみ
ひろみ
セラピスト/ブロガー
精神世界を探求・研究し続けてきて21年。退行催眠のセラピスト。また、夢を見てメッセージを受け取ったり、夢を使ってヒーリングを行うこともしている。いつの間にかどこからともなく夢でメッセージが来るようになり、そのメッセージをこのブログで発信中。
記事URLをコピーしました