雑談は、内容よりも、「笑顔で」を心がけよう。

新年度を迎え、新しい人間関係も始まり、コミュニケーションをとらないといけないことも増えますね。

 そのような時、雑談をすると、より親密度もまして、良い人間関係を作ることも出来るでしょう。

 この伝えるときなのですが、「何を話そうかな」って、気になる方多いと思いますが。

 朗報です。

 どんな話をしようがあまり話の内容は、関係ないようです。

 人が何かを伝えている時、聞いている人は、

無意識にどこに意識がいっているのかという研究結果があり、

視覚情報(外見・表情・姿勢・動作など)・・・55%

聴覚情報(声の大きさ、声の強弱)・・・・38%

言語情報(会話の内容)・・・7%

 

とのことで、これメラビアンの法則と言われています。

 

つまり、会話の内容よりも、

身だしなみ、笑顔かどうか、声に元気があるかどうか、

ということのほうを周りは感じ取っている、

ということになります。

 

朝礼でなにか お話をされないといけない時も、内容は何でもよくて、

笑顔と、大きな声だとバッチリです。身だしなみも整えておきましょう。

 ちょっと楽になりませんか?

コメントを残す