✏️日記

全てを真似しようとする前に、心の目を大切にしよう

川村 裕美

こんばんは!お疲れ様です。いつもブログにお越しくださりありがとうございます。

最近、アイスクリームがかなり美味しくて。太る・・😅暑い時のアイスって、美味しいですよね。

今日もひとつ霊的な夢のお知らせをご覧になってくださった方がいらっしゃったので、そちらをご報告させてください。

同じことを目的としている仲間のマニュアル通りに動くと、間違ってしまう可能性がある。

いただいた夢の内容です。

私がバスを運転していて、ナビを使っているが、画面が青色でわかりにくかった。事故しそうで怖かった。そのうち、自転車の男性にぶつかる。青い画面だけで、全く見えていなかった。大丈夫ですか!と何度も声をかける。男性ははじめは倒れたまま反応もなく動かなかったが、少しして急に起きあがった。ケガもしていない様子だった。でした。
バス、は今までみた夢の中の車で一番大きい車でした。ナビ任せでそれしか見ていない、視野が狭いところが今の課題なのでしょうか。接触事故のときは、夢の中で、どうしよう、と大きく動揺していました。

この夢は、このクライアントさんの個人的な夢かと思われたのですが、どうもご本人の現状とあまり合わない感じがしましたので、こちら、おそらく今、日本の神様が警告を発しているところかと判断し、掲載をお願いしました。ありがとうございました。

さて、これは、おそらく自己啓発系ではないかと思うのですよね。自己啓発についての注意は、かつても夢でご覧になられた方がいらっしゃって、ちょくちょく、この種類のメッセージはきているのですよね。ですから、これはちゃんと神界からのものだと思います。

また自己啓発だけではないかもしれませんね。他人のそのまま真似をしようとされている方にも警告かなと思います。

この夢の分析

バスというのが、同じことを目的としている仲間、集団意識を意味します。そしてナビは、「その目的に達する為のマニュアル」を意味すると思います。そのナビの画面が青色というところから、知性や綺麗事ばかり並べられている可能性があります。そして、肝心の読み取りができていませんね。つまり、自分の魂の中に入っていっていない、ということを意味すると思います。

そして、そのマニュアルばかりを見て行動することばかりになっており、気づいたときには大事故を起こしている、ということになります。

マニュアルをそのまま真似しようとすると、視野が狭くなる、ということになると思います。

「参考程度にすることはいいかもしれませんけど、そればかり全てマニュアルに任せて、周りの物事状況を見て判断し行動をしないと、事故を起こしますよ。参考にすることはとてもいいこと。」と言ったことになると思います。でもナビの画面が青くて見れなかったのがちょっと気になるところなのですが。参考にすらしないほうがいいのか。ちょっとこちらは皆様のご判断にお任せしたいと思います。

別の、少し気になる夢もご紹介します

男の子の棚の飾りを散らかして、私が片付け。飾りの棚は、本に見せかけた中身のない空っぽの表紙だけの本棚。

これはまた別の方からいただいていた夢の内容。このナビの夢をいただいたときに、以前いただいた夢の一つを思い出しました。

これ、悪いですが、ちょっと中身のない本も多い、ということを言っているのかもしれませんね。全部が全部ではないとは思うのですが。または、「本を所有することだけに一生懸命になっている人」「自分を賢く見せようとする人」、を意味しているのかもしれませんしね。この本は、私自己啓発系ではないかと当時解釈したのを覚えています。これは1ヶ月以内の夢です。

ひとこと

ナビの画面が青くて見えなかったこと、また中身のない本、などなど、やはりマニュアルや教えも自分にとって、意味のないものも混じっているということではないでしょうか。

ただ、いい本もありますよね。またその本、一冊とってみても、いい情報があっても、?という部分もある本もあるかもしれませんね。

ですから、自分にとてもあっている情報を選別して取り入れましょう、ということですかね。そして、自分の心も意識しながら、いいものを取捨選択していけばいいということではないでしょうか。

ポイントは、きちんと自分の心の目も大切にすること、だと思います。

今日いただいた、皆様からの夢のご報告、終わりますね😃

素敵な夢、見てくださいね〜😄

いつもブログにお越しくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ひろみ
ひろみ
セラピスト/ブロガー
精神世界を探求・研究し続けてきて21年。退行催眠のセラピスト。また、夢を見てメッセージを受け取ったり、夢を使ってヒーリングを行うこともしている。いつの間にかどこからともなく夢でメッセージが来るようになり、そのメッセージをこのブログで発信中。
記事URLをコピーしました