掲示板を作りました。よかったら、足跡、残していってくださいね。

満月新月の影響を受ける人と受けない人との違い

 

昨日は新月の日でした。皆さま、どうでしたか?そして、ご質問です。本当ですよね。・・・たしかに。敏感な方とそうではない方・・・がいらっしゃいますね。私なりに、まとめてみました。

  1. 感受性が強い方
  2. 不必要なエネルギーブロックを沢山お持ちの方
  3. 人生の変化の途中にある方

感受性の強い方は、色々なものに敏感です。音や匂い、気圧の変化、なども、すぐ敏感に感じ取ります。もともとお持ちの方もいらっしゃると思います。芸術家さんに多いですね。そして、ヒーリング受けられてこういった満月新月による影響体質になられた方、多いのではないでしょうか?ヒーリングを受けると、第3の目が開いてきます。第3の目が活性化されると、直観やサイキック能力が開いてきますので、すべてのものに敏感に気づくようになります。そうすると、満月新月の影響も敏感に感じ取れるようになります。

もともと怒りっぽい人だったり、イライラしがちな人だったり、普段悲しみを沢山抱えておられる方だったり、そういったネガティブな感情をお持ちの方は、影響を受けます。感情は、目には見えないけれど、実際、エネルギーとしてあります。そして、オーラのエーテル体のところに、こういった感情がぺたっとくっついているのです。そして、満月の引力により、オーラも影響を受けますので、そこにくっついている感情も震えたりして、不安定な状態になります。オーラでおこることは肉体に出てきますので、実際にイライラしたり、そわそわしたりして、しまうのです。感情を沢山お持ちな人ほど、顕著に出てくると思います。そして、喜びなどプラスの感情を沢山お持ちの方もいらっしゃいますよね。そういう方は、いつもよりハイテンションになっておられると思います。いずれにしても、感情がいつもと違う形で大げさに出てしまうことになるでしょう。

人生の変換の時は、肉体のエネルギーが不安定になります。お引越しの前、など憂鬱になられる方多いのではないでしょうか。また、妙に眠くなったり。またお引越しの前に限って体調を崩される方も多いのではないでしょうか。こういった人生の変化の前後は、人間のエネルギーも大きく変化をします。ただでさえ不安定な時に、それと月の影響が絡んでくると、その不安定の振れ幅は、更に大きくなります。

ただ、この月の影響について、気づいておられない方も多いと思います。何かしら、人は影響を受けているのではないかと思います。いつもよりも頭が働かなくなって仕事のミスが増えたり、なにかしらイライラしがちだったり。少なからず影響は受けておられるのではないでしょうか?

  とはいっても、これは困ります。

これが続くと、困るなぁ・・・・。

大丈夫!

それが不思議なのですが、癒やすものが少なくなってきたり、色々と安定してくると、この月の影響を極度に受けることがさほど なくなってきます。ヒーリングを受けられると、感受性も強くなってきます。ヒーリングを受けられるタイミングって、なにか困ったことがあるからですよね。それをきっかけに心に目を向けられる方がほとんどなのですが、ただ大体の方が、2年くらいすると、落ち着きます。ネガティブな感情も、ほとんどなくなりますしね。私も、心を浄化してきましたが、今は、満月新月の日にネガティブな感情になることはほとんどありません。

それでも、私の話ですが、たまに、体が重くなったり・・・というのはあります。今回の満月の日もそうでした。そういう時は、私の魂が何かの浄化をしようとしているときだと思います。それが何かはわかりませんが、何か浄化をしないといけないものが出てきたのでしょう。宇宙の法則があって、「浄化の後には更に素敵な変化が待っている」のですね。「満月の日くらい、どうってことないぞ---」です。

敏感さは、宇宙からの贈り物。

こうやって敏感になること、本当に嫌だと思います。ただ、敏感であるからこそ、自分の体の欲している食べ物が自分でわかったり、「この人とおつきあいすると悪いことが起きるぞ」とか、そういったことが、自然とわかってくるのですね。ある意味、この敏感さは、自分を守ってくれるのですね。

また引き寄せも、この「敏感体質な方のほうが、効く」という事も言われています。細かな波動までキャッチでき、操れるからでしょうか。色々な理由があると思いますが、この敏感さを持っている方が、結構役に立つような気がします。

月の影響は、大変な時期はちょっと大変だけど・・・でも、落ち着いてきますしね。

月とともに生きる生き方

 

どんなに落ち着いてきたとしても、地球上に生きているということは、月の影響を少なからず受けるのは、仕方のないことかもしれません。そこを無理やり「影響を受けないぞ!」とするよりも、うけいれて、それに合わせて生活しようとする 心の余裕も あっても良いものかもしれませんね。

 

「仕事のミスをしてはいけない!」「家事をしっかりしないといけない!」と思っている人が、こういった場面にあってしまって出来なくなってしまうと、「もう嫌だ--」となると思うのですけど、

身体がだるかったら、ちょっと満月だからと、手を抜いてみたり、ね。お仕事も 少しペースを落としても良いわけだし。ずっと続けないといけないことですから、気持ち手を抜く、というのも 続けていくためには大切だと思います。

 

満月の日、体調や気分がすぐれない方は、アロマを焚いたり、好きな音楽を聴いたり、リラックスして過ごすようにされてみると いいでしょう。

コメントを残す